アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

RICOH GR DIGITALⅡカスタマイズ。Leica 21mmファインダーを付けてみた。

RICOH GR DIGITALⅡを広角専用にするため、ワイドコンバージョンレンズ「GW-1」とフード&アダプター「GH-1」を購入した。
まず、アダプター「GH-1」をカメラ本体に取り付け、その先にワイドコンバージョンレンズ「GW-1」をはめ込むのである。これによりノーマルの28mmよりさらにワイドな広角21mmの撮影が可能になるのである。
d0226613_15275632.jpg

d0226613_15275860.jpg

アダプター「GH-1」とカメラ本体には貼り革を貼った。
d0226613_16392029.jpg


そして次に狙ったのが、外付けのファインダーである。
RICOH GR DIGITALⅡに取り付けられるファインダーは結構種類がある。
COSINAフォクトレンダー(Voigtlander)、VIEW FINDER Mは28mmで丸形のファインダーだ。色はシルバー。
フォクトレンダーのアルバダ式逆ガリレオファインダーは角形だが両端が丸くなっている。28mmで色は黒。
アベノンのファインダーも28mmで丸形のファインダーだ。色はシルバー。
Fujishouのファインダーは28mmで角形のファインダーだ。色は黒。
CONTAX GF-21mmは21mmで丸形。色はシルバー。
Leicaは丸形、角形と種類が豊富だ。

僕が欲しいのは21mm画角対応の外部ファインダー。角形で色は黒である。
ということで購入したのがLeicaの角形21mmである。
d0226613_15421056.jpg

角形で非常にシンプルなファインダーである。
RICOH GR DIGITALⅡに取り付けると無骨さが増した。
Leicaのロゴマークが目立つ。
d0226613_1712548.jpg

ファインダーの周囲は塗装がはがれ落ち、真鍮の地金がむき出しになっており、使い込んだ様子がわかる。
RICOH GR DIGITALⅡに付けるメインの外付けファインダーである。
d0226613_1751513.jpg

Leica
21mm ファインダー
[PR]
by oedohajime | 2011-03-26 17:19 | RICOH