アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

マイクロソフトからブラック・アンド・シルバーのクールなマウスが登場したのだ。

マイクロソフトの製品なんて今まで全く興味もなかった。
これっぽっちのデザイン性のかけらもない製品ばかりだったからだ。
しかし、新たに登場した「ワイヤレス ブルートラック マウス Arc Touch Mouse RVF-00006」はマイクロソフト初のカッコいい製品だったのだ。
d0226613_2164948.jpg

このマウス、長さ12cmのフラットなプレート形状である。前方がピアノブラック、そして後方がマットブラックになっていて質感が異なる。
d0226613_2194539.jpg

シルバーのタッチ ストリップはアクセントになっていてまるでアディダスのラインのようだが、実物はそれほどシルバーが目立つ訳ではない。ちょっと残念である。
使う時は、後方部分を下に折り曲げてアーチ状にする。ここらへんはArc Mouseとちょっと違う。
マウスの後方にはMicrosoftのロゴが入っている。これがリンゴのマークかSONYのロゴなら興奮度200%である。

機能面では、さまざまな材質の上で安定したトラッキング操作が可能なBlueTrackテクノロジを採用しているため、マウスパッドを持ち歩かなくてすむ。
カフェのテーブルの上でもスムーズに使用できる。レーザーを凌駕する青色LEDなのだ。
唯一残念なのがブルートゥースではないことだ。USBで2.4GHz帯を使うのだが、パソコンとの接続にはUSBのドングルを使う。使わないときはマウス下部にマグネットで取り付ける。
目立たないとはいえ、これがカッコ悪い。しかもマウス使用時には貴重なPCのUSBポートをひとつ塞いでしまう。
ディティールにこそ神が宿るのだ。せっかくマウス本体のデザインはいいのに台無しである。
こういう些細なことでも、購入意欲が遙か彼方に飛び去ってしまうのだ。とっても惜しいのである。
d0226613_2191913.jpg

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス
Arc Touch Mouse
RVF-00006
メーカー希望小売価格6,600円(税別)
発売日2011年1月28日
型番RVF-00006

2011年2月に電脳物欲王にアップしたものです。
[PR]
by oedohajime | 2011-05-18 21:11 | モバイル機器