アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

カテゴリ:モバイル機器( 7 )

久々にそそられるデザインのモバイルケースに出会った。
berufのMOBILE CASEである。

berufはドイツ語で使命・職業という意味を持つ国産ブランドである。
様々な分野のプロフェッショナルの意見を反映しバッグを作り、機能性と環境保護性を兼ね備えた製品作りを目指している。
製品のラインナップはメッセンジャーバッグが中心である。
しかし、僕が選んだのはメッセンジャーバッグではなく、10色展開のモバイルケースだ。
素材はターポリン。ターポリンというのはポリエステル基布にPVC加工(塩化ビニールでコーティング)したものでテントや垂れ幕などに使われる。
防水性に優れ、発色も鮮やかにできるのが特徴だ。
色遣いも抜群なので、選ぶのに時間がかかってしまった。
黒、シルバー、オリーブの3色まで絞り込んでどうするか行き詰まってしまった。
黒はまず、決まりである。
d0226613_1911993.jpg

あとはどうするか。黒だけにするかもう1色買うか。
結局、シルバーも購入することにした。
d0226613_1914596.jpg

黒好きの僕だが、シルバーもカッコよくてどうしても欲しくなってしまったのだ。

そして、このモバイルケース、@nifty WiMAX用のルーター、NEC AtermWM3500Rにぴったりサイズだったのだ。
d0226613_1915205.jpg

そしてiPod touchにもぴったりだったのである。
こうしてberuf MOBILE CASEは僕と行動を共にするようになったのである。
表面には細かい凹凸があっていい味を出している。
d0226613_19164034.jpg

そしてロゴ部分は蛍光塗料が塗ってあり、暗闇でロゴが浮き出るのである。
今のところ、黒の方が圧倒的に出番が多い。
しかし、これから夏にかけてシルバーの出番が増えてくるような気がしている。
d0226613_19173952.jpg


beruf MOBILE CASE
1,575円(送料無料)
ee-shopping
[PR]
by oedohajime | 2011-06-02 19:19 | モバイル機器
emobileの契約が満了し、解約しようと電話した。
電話で対応してくれた女性は解約より長期契約割引終了後の料金プランで「データプラン(ベーシック+にねん得割)」はいかがですかと説明し始めた。
まず、切り替えた月はいくら使っても無料である。そしてその後は、使った月は無制限で4,280円、使わない月は0円である。
つまり、何らかの理由で使いたくなったらすぐに使えて料金も定額、使わなければ放っておいても料金がかからないということだった。デメリットはなさそうなので、オススメ通りにした。そしてすっきりした気持ちで@nifty WiMAXを申し込んだのである。

さて、@nifty WiMAXは年間パスポートで契約した。
Wi-FiルーターはNEC AtermWM3500Rを選んだ。クレードル付きである。
入会当時、価格コムのキャンペーンではこのような料金体系になっていた。
・Wi-FiルーターNEC AtermWM3500Rとドッキングステーション:4,800円
・利用開始月の料金は無料
・月々@niftyの利用料込みで3,880円
・利用開始から8ヶ月経った時点で10,000円のキャッシュバック
イーモバよりずっとオトクなのである。
d0226613_19104250.jpg


以前、ビックカメラ有楽町店でTryWiMAXを利用したときはURoad-7000をお借りした。
デザインはお気に入りだったものの、駆動時間は実効3時間だった。eneloopのリチウムイオンバッテリーも持ち歩かなくてはならなかったのだ。
その点、AtermWM3500Rは実効7時間持つ。eneloopを持ち歩かなくていいから118gの重さは苦にならないのである。
また、ややメタリック調のブラックでシンプルなデザインがとてもいい。
d0226613_1911856.jpg

さらにクレードルに挿すだけで充電してくれる手軽さもいい。
クレードルの裏側にはLANポートが付いていて、PCとLAN接続すると無線より遙かに早くなるらしいが試したことはない。
d0226613_19112453.jpg

しかし、見れば見るほどカッコいいのである。
NECもやるなあ。
見直したのである。
d0226613_19114735.jpg

コイツの唯一と言っていい欠点はバッテリーの残量がわからないことだ。
ま、ヘビーユーザーでなければ問題ない。

言い忘れたが、購入したらAtermWM3500Rの管理画面でssidとパスワードを変更することをオススメする。
デフォルトのままにしておくと同機種が近くにある場合、どれにつないだらいいかわからなくなるし、パスワードも複数機器に設定するとき自分で決めておくとらくちんなのだ。

@nifty WiMAX
NEC AtermWM3500R(ブラック)+クレードル
[PR]
by oedohajime | 2011-05-31 19:12 | モバイル機器
eneloop(エネループ)は、三洋電機が開発したニッケル・水素蓄電池で、僕が愛用する唯一の三洋製品だ。
三洋電機というと、安物でさえないデザインのものばかりというイメージだった。
しかし、eneloopのネーミングやデザイン、カラーリングは世界に通用するレベルであのサンヨーからこんなものが出たんだととても驚いた。

それ以来、我が家の充電池はすべてeneloopになったのである。
白とブルーの清潔感のある配色のeneloopだったが、突然カラフルバージョンも出してきた。
d0226613_2113207.jpg

ここからeneloopは家電ではなくデザイン雑貨やステーショナリーという領域に入ってきたのである。即8色入りの単3形カラーパックを手に入れた。
使う時は隠れてしまうが、見えないところにもこだわりたいのである。
8色カラーパックがほしいのは子供が24色クレパスをほしがったり、絵も描けない大人がファーバーカステルのPOLYCHROMOS ポリクロモス油性色鉛筆120色セットがほしいのと同じ気持ちなのかもしれない。
d0226613_21133572.jpg

男のためのマット仕上げブラックバージョンと透明なスティックブースターもぜひ出していただきたいものだ。
そうすれば乾電池が脇役から主役になるのだ。

その後、スティックブースター、USB出力付きリチウムイオンバッテリーをモバイル用に購入した。
色や素材、デザインのレベルがほかの製品と全く違う。ダントツでカッコいい。
d0226613_21135964.jpg

しかし、やっぱり、黒。黒が欲しい。
emobileのカバー付きポケットWi-Fiに白ではなく黒のeneloopをあわせたいのだ。
d0226613_2115892.jpg

[PR]
by oedohajime | 2011-05-30 21:16 | モバイル機器
emobileを使い始めてもうすぐ4年になる。
現在のプランは「データプラン(年とく割2)」というもので月々定額4,580円である。

UQ WiMAXのことは以前から知っていた。しかし接続可能エリアが狭くてまだまだ使うには早いかなとおもっていたのだ。
ところが、ここに来て急速にエリアを拡大しているという。
3月末でemobileの契約が満期を迎える。そこでその前にUQ WiMAXが自分の行動エリアでちゃんと使えるのかどうか試すことにした。
利用したのはTry WiMAXレンタル。ビックカメラ有楽町店で申し込んだ。
Try WiMAXレンタルとは15日間UQ WiMAXを無料で体験できるサービスだ。
USBデータカードタイプとモバイルルータータイプのいずれかを選べる。僕はモバイルルータータイプを選んだ。
カウンターで申し込んで引き渡しまで約30分かかる。
そして貸し出してもらったのが「URoad-7000」である。
d0226613_21344522.jpg

まるでコンパクトなデジタルカメラのような外観である。
重さは約117g、emobileのPocket WiFi(D25HW)は重さ約80gなのでURoad-7000のほうが若干重い。
サイズはURoad-7000が約104mm×14.8mm×62mm、D25HWは約95.5mm×14.1mm×48.6mm。URoad-7000のほうが一回り大きい。
バッテリーの持ちは3時間半だ。しかし、このルーターはコネクティングポートが特殊な形状なので専用のケーブルしか挿せない。韓国製で汎用コネクタは使えないのだ。
mini USBかmicro USBだと兼用できるのだが、ちょっと残念である。

さて、UQ WiMAXとemobileのエリアだが通勤ルートではほとんど繋がった。問題ない。
会社のある南青山にてPod touch 4Gの「Speed Test」で速さを比べてみる。
emobileはPING:231ms、DOWNLOAD:3.21Mbps、UPLOAD:1.21Mbpsである。
対してUQ WiMAXはPING:302ms、DOWNLOAD:4.09Mbps、UPLOAD:4.01Mbpsとemobileを圧倒している。
d0226613_2137174.jpg

ビックカメラのBIC WiMAX SERVICEは3つの定額方式だ。
①BIC定額:月額使用料4480円。30日のしばりで、契約解除料2,100円がかかる。それ以降は解約手数料がかからない。
モバイルルーター「URoad-7000 K/W」は4,800円で購入できる。新色のURoad-7000 SK/SW/SRだと6,800円である。
②BIC定額W(ダブル):月額380円で従量制。上限は4980円。30日のしばりで、契約解除料2,100円がかかる。それ以降は解約手数料がかからない。
モバイルルーター「URoad-7000 K/W」は9,800円で購入できる。新色のURoad-7000 SK/SW/SRだと14,800円である。
③BIC定額年間パスポート:月額使用料3880円。1年間のしばり。1年以内に解除した場合、5,250円の解除料がかかる。
モバイルルーター「URoad-7000 K/W」は1円で購入できる。新色のURoad-7000 SK/SW/SRだと4,800円である。
いずれのプランも登録料2,835円がかかる。
僕の場合、毎日使っているので③BIC定額年間パスポートが適している。
モバイルルーター「URoad-7000 K/W」は1円と登録料2,835円、年間使用料は46,560円で年間総経費は49,405円だ。
emobileは今使っているため初期費用はかからない。月々4,580円の使用料なので年間総経費は54.960円だ。
ということで新たに機器を買い揃えてもUQ WiMAXのほうがおトクなのである。
d0226613_21354048.jpg


このブログは2011年2月、電脳物欲王にアップしたものです。サイト閉鎖のためこちらに転載しました。
[PR]
by oedohajime | 2011-05-20 21:37 | モバイル機器
マイクロソフトの製品なんて今まで全く興味もなかった。
これっぽっちのデザイン性のかけらもない製品ばかりだったからだ。
しかし、新たに登場した「ワイヤレス ブルートラック マウス Arc Touch Mouse RVF-00006」はマイクロソフト初のカッコいい製品だったのだ。
d0226613_2164948.jpg

このマウス、長さ12cmのフラットなプレート形状である。前方がピアノブラック、そして後方がマットブラックになっていて質感が異なる。
d0226613_2194539.jpg

シルバーのタッチ ストリップはアクセントになっていてまるでアディダスのラインのようだが、実物はそれほどシルバーが目立つ訳ではない。ちょっと残念である。
使う時は、後方部分を下に折り曲げてアーチ状にする。ここらへんはArc Mouseとちょっと違う。
マウスの後方にはMicrosoftのロゴが入っている。これがリンゴのマークかSONYのロゴなら興奮度200%である。

機能面では、さまざまな材質の上で安定したトラッキング操作が可能なBlueTrackテクノロジを採用しているため、マウスパッドを持ち歩かなくてすむ。
カフェのテーブルの上でもスムーズに使用できる。レーザーを凌駕する青色LEDなのだ。
唯一残念なのがブルートゥースではないことだ。USBで2.4GHz帯を使うのだが、パソコンとの接続にはUSBのドングルを使う。使わないときはマウス下部にマグネットで取り付ける。
目立たないとはいえ、これがカッコ悪い。しかもマウス使用時には貴重なPCのUSBポートをひとつ塞いでしまう。
ディティールにこそ神が宿るのだ。せっかくマウス本体のデザインはいいのに台無しである。
こういう些細なことでも、購入意欲が遙か彼方に飛び去ってしまうのだ。とっても惜しいのである。
d0226613_2191913.jpg

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス
Arc Touch Mouse
RVF-00006
メーカー希望小売価格6,600円(税別)
発売日2011年1月28日
型番RVF-00006

2011年2月に電脳物欲王にアップしたものです。
[PR]
by oedohajime | 2011-05-18 21:11 | モバイル機器
CONAXのコンデジを探していた時、以前探して見つからなかった京セラの「DataScope(データスコープ)」が出てきた。
今、あらためてじっくり眺めてみると、大きい。そして、重い。
d0226613_1505839.jpg

1997年に京セラから発売されたPHS端末だ。そして今はやりのスマートホンのはしりである。
サイズは55×108×27mmで、重量は175g。
しかし、iPhone4は137gだからそれほど飛び抜けて重いってほどではないのだが、iPhone4と比べても圧倒的にいかついのでよけいに重く感じられるのだ。
Xperia miniの重さは88グラムなので、DataScopeのほぼ半分の重さしかない。
d0226613_1511650.jpg

当時は、Lotus Organizerという個人情報管理ソフトが大のお気に入りで、住所録、カレンダー、メモ帳などに大活躍で、本当に手帳代わりとして使っていた。
デザインもまさに手帳で、今でも大好きなソフトである。
Lotus1-2-3がマイクロソフトのEXCELに置き換わり、一太郎もWORDに置き換わり、あれほど一世を風靡していたLotusのソフトは一気に姿を消した。
あたたかみのあるLotusから無機質なMicrosoftへの移行である。

DataScopeはLotus Organizerの住所録と連動していたので、管理が非常にラクだった。
PCと繋いでモデムとして利用していたかどうかは記憶にない。
しかし、DataScopeをカフェのテーブルやカフェバーのカウンターに置いておくと、多くの人が興味を持って話しかけてきたのは覚えている。
当時としては非常に斬新で先端のスタイルだった。
d0226613_1513456.jpg


京セラ DataScope
DS-110

2010年12月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-04-29 15:02 | モバイル機器
emobileのポケットWiFiを使っているのだが、なかなかいいケースが見つからなかった。
なんとなく釈然としない気持ちのまま使う日が続いた。
そんな時、偶然みつけたのがBrightonNET シリコンカバーFORポケットWiFiという商品である。

中国出張の時に届いたメールマガジンからセールページに飛び、なにかいいものないかな~と探していたら見つけたのだ。
そこでiPhone用タッチペンなどと一緒に注文した。
パッケージは思いがけなく立派である。
d0226613_21542339.jpg

そして、中身はシリコン製でイーモバのポケットWiFiにジャストなサイズだった。
専用ケースなので当たり前なのである。
d0226613_2154253.jpg

ポケットWiFiにかぶせてみると、まるでタイツを履いたかのようにピタピタである。そして、これでイーモバも大好きな黒に変身したのだ。
しかも、落としても壊れにくい。おっちょこちょいの僕にぴったりの商品である。
d0226613_21542795.jpg

直販では980円だが、これは処分品ということでなんと148円だった。
なんか、とってもいい買い物をしたのだ。

2010年12月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-04-28 21:56 | モバイル機器