アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先日購入したViscontiの万年筆を眺めていたらどこかで見覚えがあると思ったのだ。
<参考記事>Visconti(ビスコンティ)のヴァン・ゴッホ・ミディアムはとても美しい万年筆なのだ。

しかし、それが何なのかずっと思い出せずにいた。
そしてついに思い出した。それはドイツの楽器メーカー、HOHNER(ホーナー)のハーモニカのボディと入っていた箱に使われていた樹脂だったのだ。
ということでそのハーモニカを箱から出してきた。
すると確かに色は少し似ていたものの、よく見るとあまり似ていなかったのである。
d0226613_20532026.jpg

僕の持っているハーモニカはVintage Hohner 280/64 Chromonicaという名称である。
d0226613_20535521.jpg

トゥーツ・シルマンス、スティービー・ワンダーなど、ジャズやポピュラーの分野で広く愛用されている。
このハーモニカは2002年、ロンドンを初めて一人で旅した時に購入したものだ。
5月のロンドンは毎日、霧の都とは無縁の青い空が広がっていた。
ナイツブリッジ、リバプールストリート、コヴェントガーデン、ヴィクトリアステーション、バンク、ハイストリートケンジントン、オックスフォードストリート、リージェントストリート、カーナビーストリート、ノッティングヒル。
前日まで、こんなところを回っていた。
そして最終日に選んだ町の一つがANGELである。ANGELとはなんと素敵な名前だろう。
そしてこの町は骨董の町なのだ。
2002年5月15日、水曜日。毎週水曜日はANGELで骨董市が開かれる。
そこで、朝早くホテルから地下鉄に乗ってANGEL駅で降りた。
駅の近くにはアンチークショップやアンティークモールが集まっている。
路地を少し歩くと道ばたで箱の上に板を載せ、その上にテーブルクロスを敷いた即席のテーブルの上に品物を並べて売っている店があった。
スプーン虫眼鏡もずらりと並ぶと壮観である。
d0226613_20543426.jpg

特に欲しいモノはなく、しばらく歩くとお客さんで賑わっている一角があった。
d0226613_20544959.jpg

そこで見つけたのがこのHohnerのハーモニカである。
いくらだったかは忘れてしまったが、言い値で買ったような記憶がある。
僕はハーモニカはうまく吹けないが、見ているだけでロンドンのあの晴れた一日を思い出すのだ。
d0226613_20553344.jpg


HOHNER
Vintage Hohner 280/64 Chromonica
[PR]
by oedohajime | 2011-06-30 20:56 | 楽器
夏である。
夏になると白いスニーカーが欲しくなるのである。これは夏にTUBEやサザンを聴きたくなるのと同じなのである。
そして今年はハイカットが気になるのだ。
しかも革ではなくキャンバス製のシンプルでクラシックなやつが欲しい。

まず目を付けたのがadidasのNIZZA HI(ニッツァ ハイ)である。
d0226613_2131114.jpg

キャンバス製ハイカットタイプでいわゆるクラシックスニーカーと呼ばれるシンプルなモデルだ。
2009年製なのでいまさら、と思うかもしれないがスポーツシューズではなくタウンシューズってとこがいいのだ。
d0226613_2131356.jpg

シンプルなデザインだが、見る者を惹きつける存在感が漂っている。
これがアディダス製か?
アディダスなのだ。
d0226613_2131545.jpg

後ろ姿もなかなかに魅力的なのだ。
d0226613_2131698.jpg

僕はスニーカーだと26.5cmくらいでこのスニーカーは27cmを購入した。しかしちょっと小さめで27.5cmにすればよかったのだ。
そして今日はモダンブルーの5日間限定セールでスペルガ(SUPERGA)のキャンバス製ハイカットスニーカーのホワイトもオーダーしてしまった。


アディダス NIZZA HI
ホワイトモデル
ガイナバザール楽天市場店
4,550円(30%オフ)、送料525円


[PR]
by oedohajime | 2011-06-29 21:06 | ファッション
d0226613_20315492.jpg

初めてこいつを見た時、その存在感はハンパではなく、まるでNEX-5に別の生き物が取り憑いたかのように見えた。
それは僕の師匠が考えて、試行錯誤の上、作り上げた作品だった。
何がどうなってるのかサッパリわからず、その迫力に呑まれたまま、すごいですね、とつぶやいただけだったのである。

その後、師匠から作成に必要なアイテム、そして作り方のコツを伝授してもらったのである。
師匠は僕からいわせると玄人の領域にまで入っている。物作りに対してのこだわりが並外れているのだ。
特に細部に至るまで手を抜かず、細かい仕上げをする。
僕はディティールにこそ神が宿るなんて言っておきながら、自分で作る時はサッパリだめである。
d0226613_20314833.jpg

この写真では細部は見えないので、安心である。
PENTAXの6x7用ピントフードを改造してNEX-5の液晶モニターパネルに取り付けたものだ。
このピントフードは古いタイプのもので新しいモデルはPENTAXのロゴがゴシック体になっている。
しかし、このクラシックさが味わいを出していて気に入っている。
d0226613_20315251.jpg

右が師匠の作品で左が僕のものである。
d0226613_20315927.jpg

折りたたむとこのようにコンパクトだ。
しかし、広げると凶暴なたたずまいなのだ。

PENTAX
6x7用ピントフード
[PR]
by oedohajime | 2011-06-28 20:33 | NEX-5
NEX-5用にウルトラワイドコンバーター「VCL-ECU1」とフィッシュアイコンバーター「VCL-ECF1」を購入したのだが、キャリングケースが付いてきた。
そのキャリングケースが珠玉のできばえだったのである。
丸いかたちとマットな表面感、そしてSONYの白いロゴがカッコいいのである。
d0226613_19444736.jpg

単品で売っていないか調べてみたが、アクセサリーとしては販売していなかった。
そこで保守部品として販売していないか、SONYに問い合わせてみた。
すると、あると言われたのである。1個税込み2,100円で電話で申し込むと送料が必要、家電販売店で取り寄せすると送料は不要とのこと。

師匠にも声を掛け、有楽町ビックカメラで2個注文した。
僕はカラビナを付けて小物入れとして使うつもりだった。
しかし、1個はウルトラワイコン用、1個はフィッシュアイコン用、そしてもう1個はE16mm F2.8用として使えば持ち運びに便利だと考えたのである。
d0226613_19452150.jpg

そのままカメラバッグに放り込んでおけばいいのである。あとはどのキャリングケースに何が入っているか区別するためカラビナの色を変えておけばいい。

有楽町ビックカメラで受け取ったキャリングケースはビニール袋の上からぷちぷちにくるまれ、ビニール袋で梱包されていた。
d0226613_19453542.jpg

厳重すぎないか、この梱包。
付属品としてではなく、ひとつの製品としてみても非常によく出来ているしアクセサリーとして売り出せばいいと思うのだ。しかも、メイド・イン・ジャパンなのである。
d0226613_194652.jpg


SONY
NEX用ワイコンVCL-ECU1のキャリングケース
2,100円
[PR]
by oedohajime | 2011-06-27 19:46 | NEX-5
ラミー(Lamy)はドイツのハイデルベルクに本社を構える筆記具メーカーである。
製品のブランド名は「LAMY」。
d0226613_1152562.jpg

現在の社長は、創業者カール・ヨセフ・ラミー(C. Josef Lamy)の息子であるマンフレッド・ラミー(Manfred Lamy)。
1930年、パーカー社の営業担当をしていたC.J.ラミーが、Orthos社を買収して、ドイツのハイデルベルクにラミー社を設立。
1952年、ラミー製品の販売を開始。この当時は、パーカー製品の影響を色濃く残していた。
1962年、創業者C.J.ラミーの息子であるマンフレッド・ラミーが、2代目社長としてラミー社に入る。新社長は、同業他社との差別化をはかり、「機能によってかたち作られるデザイン」という"バウハウス"のコンセプトを掲げ、革新的な筆記具メーカーとしての道を歩みだした。
1966年、LAMY 2000シリーズの販売を開始。同製品は、「西暦2000年になっても通用するデザイン」をコンセプトにして、ゲルト・アルフレッド・ミュラー[1]によってデザインされた。40年以上の時を超えた現代においても、そのままのデザインで販売されている。
d0226613_115373.jpg

デザイナーの豊かな創造性の実現を重視する製品づくりを進める。ラミー社の有する製作技術が、これを可能にしている。
例えば、LAMY 2000シリーズは、ボディのつなぎ目が一見してわからないほど、表面加工の工作精度が優れており、デザイナーの細部にまで及ぶ美意識を満足させている。
ラミー社は、技術力の維持・強化のために、ドイツ国内における自社生産にこだわっている。
部品の製造の大部分と、すべての製品の組み立てを、社外に委託せずにハイデルベルク市内の自社工場で行う。途上国の安い労働力を使うことが不可能になるが、そこは徹底した生産ラインのオートメーション化で補っている。
ということでLamyの歴史とこだわりを紹介させていただいた。

Lamyは大型のワイヤー製クリップが特徴である。
d0226613_1153346.jpg

サファリシリーズはラミーを代表するベストセラーモデルだ。
そしてそのボディをアルミ製にしたのがアルスターシリーズである。
シルバーのクールな質感が特徴的で黒いワイヤークリップがアクセントとして効いている。
d0226613_11531422.jpg

Lamyは通常、大幅値引きされることはほとんどなく、少し敷居が高いブランドなのだが、61%オフで売っていたのである。
ボディの色やペン先の太さによって51%オフから71%オフと激安のラインナップとなっていて要注目なのだ。
d0226613_11513285.jpg

つまり5,250円のアルスター万年筆が1,499円から2,499円で買えるということなのだ。
サファリの万年筆は1,499円から1,899円で販売されている。
ローラーボールペンのアルスターは3,675円が1,499円~2,599円、サファリは1,299円~1,699円である。
万年筆にはカートリッジが付いていないのでインクカートリッジ(5本入)を合わせて購入しよう。税込259円である。オススメはブルーブラックインクである。
僕はデザインに惹かれてインクボトルも購入したのである。
1,128円が655円である。
d0226613_11525992.jpg

普段使いでさりげなく存在感を放つLamyをリーズナブルに入手できるチャンスなのだ。
d0226613_11531917.jpg

ラミー・アルスター L25-M シルバー万年筆
http://www.lamy.jp/products/al_star.html
メーカー希望小売価格:5,250円
上海問屋楽天市場店:税込 1,999円(送料399円~483円)




[PR]
by oedohajime | 2011-06-26 11:57 | 筆記具
小学校の修学旅行の時、なぜか僕はカメラマンの役を仰せつかった。
親父に買ってもらった中古の一眼レフを僕が持っていることを先生が知っていたからかもしれない。
同級生の写真や風景をたくさん撮っていたのだが、気がつくとカメラの姿はなかった。
カメラとともにみんなの思い出の写真もどこかに消えてしまったのだ。

楽しい修学旅行は苦い思い出となってしまったわけなのだが、ある日先生に呼ばれたのである。
先生の手には僕の持って行ったのとは違う一眼レフのカメラがあった。
先生はそのカメラを僕に手渡し僕にこう言った。「替わりのカメラだけど、これでよかった?」
その時、先生からいただいた中古のカメラがMINOLTAのSR-1である。
d0226613_18201983.jpg

そして、いつしかフィルムカメラは使わなくなり収納庫の中にしまい込まれていた。
ところが、先日MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mm f1.7を購入し実物を見た時にふと思い出したのである。そういえば、MINOLTAの一眼レフを持ってたけどそこに付いていたレンズが使えるかもしれない。
収納庫からSR-1を取り出しレンズを確認してみると「MINOLTA Auto Rokkor-PF 55mm f1.8」と書かれていた。
d0226613_18223814.jpg

表面は歴史を感じさせるような傷がたくさん付いている。
d0226613_1821101.jpg

丁寧に拭いてミノルタMD/MCレンズ-ソニーNEX用Eマウントレンズアダプターを取り付け、NEX-5に装着した。
d0226613_1821223.jpg

写りは大したことはなかったが、思い出はしっかりよみがえったのである。

MINOLTA
Auto Rokkor-PF 55mm f1.8
[PR]
by oedohajime | 2011-06-25 18:21 | 撮影機器
僕のモバイルハードディスクのお気に入りメーカーはFREECOMである。
そして3台目となるFREECOMのモバイルハードディスクはTOUGH DRIVE SPORTである。
d0226613_21304264.jpg

TOUGH DRIVE SPORTはハードディスク界のG-SHOCKである。
2メートルからの落下にも耐えられる耐衝撃性がウリで外観もいかにもタフ野郎って感じだ。
じっと見ているとペンギンというかキョロちゃんにも似ている。
d0226613_2145828.jpg

そのキョロちゃんの目に当たる部分にオリジナルフックを引っかけて持ち歩くスタイルだ。
クチバシに当たる部分はUSBコネクタが隠れていて引っ張り出すと本体一体型USBケーブルになる。
d0226613_2134453.jpg

黒と赤とシルバーの3色で構成されたハードディスクはとてもクールでカッコいい。撮影した写真を眺めていてもそう思うのだ。

しかし、このハードディスクは気に入らないのだ。
なぜかというとでかすぎるのである。
あと二回りほど小さければ文句なしなのだが、大きすぎて興醒めである。
こんなのをバッグやジーンズにぶら下げてたら邪魔になってしょうがないし、笑われそうなのである。
結局3台のFREECOMのポータブルハードディスクのうち気に入ったのは1台で実際に使っているのはゼロである。

FREECOM
TOUGH DRIVE SPORT
TSUKUMO
5,628円(送料無料)
[PR]
by oedohajime | 2011-06-24 21:50 | デジタル機器
カッターで本を切断している時やタバコを吸っている時、床に落ちているチリやホコリを掃除したいなと思うことがある。
わざわざ大型の掃除機を持ち出してくるのは面倒だ。そんな時に活躍するのが充電式ハンディクリーナーである。
今は販売中止となった無印良品の充電式ハンディクリーナーを3個購入し、使っていたが吸い込む力がやや弱く、またバッテリーがすぐにいかれてしまった。
d0226613_20114355.jpg

国産のハンディクリーナーは数多く出ているが、どれもピンクやブルーといった安っぽい色が付いているし、デザインも垢抜けない。
無印良品のハンディクリーナーはオフホワイトで、かつシンプルなデザインに好感が持てた。
そこで後釜として購入したのがBLACK&DECKERのダストバスターライトである。
d0226613_20112324.jpg

色はホワイトとシルバーのツートンで清潔感がある。
デザインは特別優れているわけではないが、部屋の片隅に置いてあっても違和感はなさそうだ。
ちなみにブラック・アンド・デッカーはアメリカで生まれた世界最大の電動工具メーカーだ。

店頭で見ることは少なく性能を試すことが出来ないので、とりあえず2個購入してみた。
実物はWebで見た写真のイメージと同じだったが、チープ感はない。また、意外と軽いのはプラスのポイントである。しかもコンパクトな充電台が付いており、壁に掛けることもできる。
そして肝心の性能だが、バツグンである。吸引力がハンパではない。これでホントに充電式なの?と思うくらいハイパワーである。
d0226613_20112516.jpg

これだけパワーがあると、部屋中を掃除したくなるのである。大型の掃除機は必要ないのではと思うくらいだ。
本体の下にブラシノズルと先細ノズルも収納されている。

ブラック&デッカーにはサイクロン式ハンディクリーナー、ピボットII ってのもある。
d0226613_20112815.jpg

デザインは悪くないが、重量約1.6kgとダストバスターライトのほぼ倍の重さだ。しかも値段も倍以上する。
ここはダストバスターライトに軍配が上がる。
ということで、追加で2個購入したのだ。
d0226613_20114862.jpg

BLACK&DECKER
ダストバスターライト Z-NV3603
Amazon
2,814円(送料無料)
[PR]
by oedohajime | 2011-06-23 20:14 | デザイン家電
Angel Cloverは「Wild&Edge」をコンセプトに腕時計という概念を破り、「Wrist Wear」というファッションアイテムとして昇華することを目指したブランドである。
その意気込みは買いたいのだ。
僕の目から見たAngel Cloverの魅力はずばり50mmのビッグケースにある。
いつからか腕時計は大きくなくては腕時計ではない、という妙な固定観念に取り憑かれてしまったのである。
先日、購入したのはTC50PSV-BWというピンクゴールド×ブラウンモデルである。
d0226613_1948716.jpg

この腕時計も50mmのビッグケースを採用している。
色といい、デザインといい非常に満足している。ただ、茶系のモデルなので黒の靴やベルトの時、なんとなく違和感を感じるのだ。
そこで新たに購入したのがブラックボディのTC50BBKである。
d0226613_19475315.jpg

黒のケースと黒の文字盤にイエローの数字が目立つのである。
竜頭周りのメカっぽいところもごつくていい感じなのである。
d0226613_19475131.jpg

ここはじっくり眺めていても見飽きない。
4ポイントスワロフスキークリスタルなんかも普段はまったく意識しないが、ディティールにこだわって作られているってことは好ましいのだ。それにしてもグラムール セールスやGILTは時々あり得ないような値段で買えるのである。
d0226613_19473236.jpg

Angel Clover タイムクラフト
クロノグラフTC50BBK
希望小売価格;19,950円
グラムール セールスで購入
5,000円(送料無料)
[PR]
by oedohajime | 2011-06-22 19:50 | 腕時計
先日、MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mm f1.7を購入した。
そしてNEX-5で使うためのマウントアダプターを即発注した。
2,290円だった。
おそらく日本で売られているMC/MD-NEXマウントアダプターでは最安値だろうと思う。
ありがたいのである。
d0226613_1991357.jpg

マウントアダプターはその表面にMD-NEXと刻印されている。
金属部分の仕上げも悪くない。以前購入した台湾のG-LINK adapter ringシリーズの一品である。
そしてMC ROKKORにカチリとはまり一体化した。がたつきもない。
d0226613_1992599.jpg

NEX-5にも同様にゆるみもなく装着できた。
d0226613_19104564.jpg

レンズ横の刻みや数字がなんとなく昭和のにおいを漂わせているのである。
d0226613_1910465.jpg

メカメカしていて非常にカッコいい。
d0226613_1911344.jpg

NEX-5に専用レンズは4つか5つしかないが、マウントアダプターを使って様々なレンズが使えるのが楽しい。
しかしどのレンズを持ち歩けばいいのか迷ってしまうというのが贅沢な悩みなのである。

ミノルタMD/MCレンズ-ソニーNEX用Eマウントレンズアダプター
ヤフオク
2,290円(送料別途200円)
[PR]
by oedohajime | 2011-06-21 19:11 | NEX-5