アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime
四川省成都市。内陸部の大都市である。
中心部の電脳ビル「成都数碼広場」で珍しくRICOHのデジタルカメラを扱っているショップがあった。
互換バッテリーでも買おうかと、声を掛けてみたが思ったより高い。

店のテーブルでは新品のGR DIGITAL3を購入したお客さんが液晶にプロテクターらしきものを貼ってもらっていた。
これがGGS製DC LCD SCREEN PROTECTORだったのである。
d0226613_112055.jpg

6層構造、0.5mmの超スリム硬質ガラス製である。12kgの重量に耐えられ、カッターナイフでも傷がつかないと言う。

値段を聞いてみると80元(約1,040円)。
70元(910円)で交渉成立。
早速、店の女性スタッフがGRD3の液晶を磨きはじめる。
d0226613_1105215.jpg

そう、こちらではカメラに取り付けてくれるのだ。取付料込みで910円は非常に安く感じる。

LCD SCREEN PROTECTORを装着したGR DIGITAL3は心なしかスマートになったようである。
そして撮影した写真を見てみると、今までの何倍もきれいに見られるようになったのである。
d0226613_1115347.jpg

GGS製DC LCD SCREEN PROTECTOR
3インチ型
70元(910円)
取付料込み
[PR]
# by oedohajime | 2011-07-23 11:05 | RICOH
明日から7月20日まで15日間、中国に出張なのだ。
まずは北京、そして上海、最後に成都。3都市を回ってくる。
中国では物欲アンテナがほとんど立たず、しおれたまま帰ってくることが多いのである。
はたして今回はアンテナがピンと立つか?

今回持って行く主なデジタルもんはVaio X、NEX-5D、RICOH GR DIGITAL3、iPod touch32GB、iPad 2、Xperia mini、Mi-Fiである。荷物が多いのでPCは1台にした。

明日は北京である。
もしかしたら旅行記になってしまうかもしれないし、さぼってしまうかもしれない。

海外ではこのブログにアクセスできないので新・電脳物欲王(海外出張編)にアクセスよろしくなのだ。
[PR]
# by oedohajime | 2011-07-05 21:58
4輪キャスターのスーツケースを列車に持ち込むと、列車が揺れる度にゴロゴロと動いてしまう。
キャスターロックが付いているスーツケースだと問題ないが、残念ながら僕のは付いてない。
単品のスーツケース用キャスターロックを探したが、どこにも見つからなかった。

そこでキャスターロックはあきらめたのだが、スーツケースを置ける専用スペースを持つ列車もある。
4輪キャスターだと、そこでもゴロゴロ動いて何かにぶつかる音がよく聞こえる。座っていてもなんだか落ち着かないのだ。
そこで発想を下から上へ切り替えて探してみたのがハンディワイヤーロックである。
スーツケース専用スペースの柱にワイヤーを回して出来るだけ動かないようにしようというものだ。
探してみたらオークションで手頃なのが見つかった。
送料込みで768円である。
d0226613_2130199.jpg

素材感はチープだが、許せないほどではない。ピンクとかブルーみたいな色付きと比べたら数段いい。
構造はとてもシンプルで掃除機のコードリールのように中でコードが巻かれており、横のボタンを押すと収納されるようになっている。
d0226613_21303559.jpg

使う時はサイドのボタンを押しながらワイヤーの先端を持って引っ張り出す。ポールなどに巻き付けてから本体の上部にはめ込む。
そして最後にワイヤーの長さを調節する。
ダイヤルもついているし、一人旅でちょっと目を離す時に安心感はある。
d0226613_21312792.jpg

しかし油断は禁物である。
今度の中国出張は幸い一人ではないが、念のために持って行くのだ。

ダイヤル式ワイヤーロック
5×9cm
厚さ15mm
重さ65g
ワイヤーの長さ110cm前後
[PR]
# by oedohajime | 2011-07-04 21:32 | 旅行グッズ
イタリアンブランドのスペルガはイタリアっぽくない。
粗めのキャンバス仕立てのスニーカーはどちらかというとクラシックなムードを漂わせている。
何年ものですか?と聞かれそうなほどである。
d0226613_10463836.jpg

しかし、さりげないこだわりが随所に見られる。
まずはバルカナイズ製法の採用である。。
生ゴムに硫黄を混ぜて加熱すると、ゴムの剛性や弾性が向上し、より安定した物性を示す。硫黄と熱から発想して火山(バルカナイズ)という名称を使ったのだ。
硫黄を加えた釜で熱と圧力をかけるのだが、手間がかかるため今では少なくなった。
160年以上の歴史を持つ技法だが日本でもすっかり定着して、フロントにソールが下唇のように飛び出すスピングルムーブのスニーカーはその手作り感とローテクっぽさが結構人気なのだ。
このスニーカーはバルカナイズ製法で作られているがスピングルムーブタイプではない。
ちなみにスピングルムーブは英語でもイタリア語でもない。純国産スニーカーブランドのRefugeでスピンと現在進行形のingとグルグルを掛け合わせた造語なのである。
そしてアイレットにもSUPERGAのロゴが刻印されサイドにはスペルガロゴとマークが入った耳がついている。
d0226613_10472173.jpg

こういうさりげないこだわりは好きだ。
タンの裏側にはロゴと品番、素材、原産国がプリントされている。こういうところもデザインされていてさりげないセンスの良さを感じる。
d0226613_10514340.jpg

サイズは表記よりやや小さめ。44サイズ(27.6~27.95cm)はかなり大きいかなと思ったが、ちょうどよかったのだ。ちなみにいつも履くスニーカーのサイズは26.5cmが多い。
d0226613_1052438.jpg


SUPERGA(スペルガ)http://superga.jp/
キャンバス ハイカットスニーカー
ホワイト44サイズ
モダンブルー楽天市場店
5,800円(送料無料)


[PR]
# by oedohajime | 2011-07-03 10:54 | ファッション
今からずっと前にラジオでこの曲を聴いた。
小気味良いピアノにシンセが絡みつくような主旋律が耳から離れない。思わず身体が揺れてしまう。
Stevie Wonderのシンセは縦横無尽に跳ね回り、ラムゼイ・ルイスの生ピはあくまでリリカルだ。
歌のない曲なのに歌が聞こえてくるようなのである。
ラジオのディスクジョッキーはラムゼイ・ルイスのスプリング・ハイでしたと紹介した。
Stevie Wonder作曲、ピアノはラムゼイ・ルイスでStevie Wonderがシンセサイザーで参加しているということだ。
Ramsey Lewisはシカゴ生まれのピアニストである。
モーリス・ホワイトがかつて彼のバンドのメンバーの一員だったということもありアース、ウインド&ファイヤーとの親交もある。
グローヴァー・ワシントン・ジュニアやオマー・ハキムといったフュージョンの申し子たちともアーバンナイツ時代にアルバムを作っている。
d0226613_1284744.jpg

その曲が入った「Love Notes」というアルバムをずいぶん後になって中古レコード屋で手に入れた。
黒い背景に浮かび上がる褐色の手がピアノの鍵盤の上で止まっている。そしてその指には深いしわが刻まれている。
非常に印象深いレコードジャケットである。

先日ふと、突然その曲、Spring Highが聴きたくなったのである。
レコードプレーヤーはもうしまい込んである。しかもアンプはもうない。
そこでAmazonでCDを購入することにした。importcds_comで967円。カリフォルニアからの送料340円である。ちょうど一週間で到着した。
d0226613_1291196.jpg

そして中を開けると、あのジャケットが登場したのである。
d0226613_1292232.jpg


久しぶりに1曲目Spring Highを聴いた時、初めてラジオでこの曲を聴いた時代に戻ったのである。

Ramsey Lewis
Love Notes
[PR]
# by oedohajime | 2011-07-02 12:11 | 音楽