アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime
3月25日、日本で発売される予定だったiPad 2だが、震災の影響で発売が延期された。
その日、サンフランシスコ在住の友人にiPad 2を買ってくれるようお願いした。
店頭では売り切れ続出だったので、APPLE STOREで注文してもらった。
僕の頼んだiPad 2は今持っているiPadと同じWi-Fiの32GBである。色はもちろん黒だ。ついでに風呂のふたも頼んでもらった。
d0226613_232073.jpg

そのiPad 2は3週間ほど後で,中国からサンフランシスコの友人宅に運ばれた。
サンフランシスコから日本まではEMSで運ばれる。
我が家への到着は5月9日となった。

ところが、日本へ運ばれるはずのiPad 2は中国、上海に行ってしまった。
そして上海から日本ではなく、また発送地であるサンフランシスコを経由して日本に発送されることになった。
追跡してみるとサンフランシスコの前にニューヨークを経由していた。
そして再度サンフランシスコから日本へ発送されたのが5月10日である。そして、本日到着したのだ。

結局この小包のたどったルートはこのようになる。

中国(広東省)~米国(サンフランシスコ)~中国(上海)~米国(ニューヨーク)~米国(サンフランシスコ)~日本
20万マイル以上、つまり地球一週分以上の距離を旅してきたのだ。
これを僕のマイレージに登録してほしかったくらいである。
d0226613_1963612.jpg

はやる気持ちを抑えて開けてみる。箱の中からiPadと印刷された白い箱が見えた。
d0226613_1965134.jpg

ん?iPad 2って書いてない。
薄いビニールをはがし中を開けてみるとこんなふうになっていた。
d0226613_197721.jpg

iPad 2を持ち上げるとアダプターとDockコネクターが収納されていた。
d0226613_1971715.jpg


iPad 2はiPadと比べて微妙に軽い。劇的に軽いというわけではない。
しかし、スリムになった。裏側はフラットになっている。ここにもiPad 2ではなくiPadとプリントされている。
d0226613_1975763.jpg


4月に購入してあったPad2用液晶保護シートとシリコンケースを取り出す。
そして液晶保護シートを丁寧にiPad 2に貼り付けていく。実は僕は手先が器用でないため、iPadの時も気泡が入りまくりで結局プロに貼ってもらった。
今回はエアで液晶のホコリを吹き飛ばし、超極細繊維でしっかり表面を拭いた。
そのせいか意外なほどうまく貼れた。人生で初めてきれいに保護シートを貼れたという感じである。
妙な達成感を感じながらシリコンケースを装着する。
そして黒の革製スマートカバー(風呂のふた)をセットする。うむ、完璧である。
d0226613_1981445.jpg


すぐに使いたい気持ちを我慢して、まずは充電する。
何時間かのち、いよいよPCにつなぐ。iTunesでiPadのすべての環境をiPad 2に同期させるのだ。
メールのパスワードとWi-Fiのパスワードは設定が必要だったが、あっけなく同期完了である。
つまりiPadとiPad 2はクローン状態になったのだ。
今まで購入したアプリも電子書籍も音楽も写真もすべてiPad 2にコピーされた。

で、実際使ってみてどうかというとなんだかiPadと変わらないのである。
別にiPad 2でなくてもiPadで充分だったというのが正直な気持ちである。
ま、サブマシンが1個増えたようなそんな安心感はある。
今、iPadを持っている人はiPad 2に買い換える必要はない、というのが結論である。
iPad 3が待ち遠しいのである。
d0226613_1984931.jpg


APPLE
iPad 2
32GB with Wi-Fi
[PR]
by oedohajime | 2011-05-14 19:09 | APPLE
中国出張中にAPPLE STOREでiPod Touch 4(32GB)を予約していた。
そして帰国したら自宅に届いていた。

僕は今、iPhone3GSを使っているがOS4にアップしてからどうも動作がもたつく。
時々メール画面がフリーズする。
iPhone4にする選択肢もあったが、携帯機能は殺してwi-fiのみで使っているのでiPod Touch 4で充分だと思ったのだ。
d0226613_2023875.jpg


箱を開けてみる。
白いシートに包まれた小さな箱が出てきた。
相変わらず包装はシンプルだ。
白いシートをはがすと透明な弁当箱型のアクリルケースが現れた。
iPod Touch 4本体は、ビニールシートで覆われている。
d0226613_20214460.jpg


指紋がつくなー、と思いながらもビニールシートをはがしてみる。
iPod Touch 4が現れた。
iPhone4と違い、背面は丸みを帯びている。
d0226613_2022348.jpg


しかし、薄い。圧倒的に薄い。
iPhone3GSと比べてみる。
三分の二くらいの厚みしかない。そして軽い。
d0226613_20221696.jpg


設定開始。
まず、PCでiTunesを立ち上げ、USBでつなぐ。
iPhone3GSで設定してあったが、iPod Touch 4に変更して同期する。

その後、PCからはずしwi-fi設定、メール設定する。
そしてiPhone3GSの画面を見ながら、Apple Storeでアプリを落としてくる。
順調、順調。

アプリの動作検証と設定に入る。
ほとんどのアプリはiPod Touch 4で動く。
今のところ、動かなかったのは次の2つだ。
1.USTREAM BROADCASTER
iPadおよびiPodはカメラを内蔵していないため・・・
とエラーが出る。新iPod Touchはカメラ内蔵してるのに・・・
これはそのうち対応するだろう。

2.VoiceTra
iPhoneではありません。正常に動作しません、といわれる。
日本語でしゃべると外国語に翻訳して読み上げてくれる素晴らしいアプリ。
海外出張の多い僕にはこれが使えないのは痛い。
やっぱり海外出張には3GSも持ってかなきゃいけないのだ。
d0226613_20223482.jpg


でも日本で使う分にはいらないから、普段使うにはiPod Touch 4で充分だ。
動作もきびきびしてるし、画面はきれいだし、ビデオも高解像度。
これで27800円はお買い得だ。

バッテリーの持ちは、ずばり「悪い」。
使い始めて2時間半で70%。
しかし、安くて薄くて性能もいい。これは「買い」である。
d0226613_20232459.jpg

APPLE
iPod Touch 4
2010年9月アップ分。
[PR]
by oedohajime | 2011-04-03 20:23 | APPLE