アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime
僕はαシリーズを2台持っている。
一つはα200でもう一つがα380だ。
NEX-5を使うようになってこの2台はすっかり出番がなくなってしまった。
それは、ちっとも惜しくないのだが、いろいろ買い揃えたαマウントのレンズが使えないのがもったいないなとずっと思っていた。
SONYからは純正のマウントアダプター「LA-EA1」が出ている。
ファームウェアをアップデートすればオートフォーカス対応になるのだが実売価格15,000円とちょっと高い。

NEX-5はマニュアルモードに対応しているし、ライブビューの7倍、14倍拡大機能が備わっている。
そこでマニュアル用サードパーティ製マウントアダプターを調べてみたら、結構出ている。

ヤフオクで一番値段の安いものを購入してみた。値段は2,980円である。
この安さでどんな製品か心配なところもあったし、届いたマウントアダプターは箱がひしゃげていたので一層心配になった。
しかし、実物は意外としっかりしていたし、サイドの銀色の溝がなかなかカッコよかったのだ。
d0226613_11535285.jpg

G-LINK adapter ringという製品で台湾製らしい。
NEX-5に取り付けた姿も安物とは思えない一体感がある。
d0226613_1154499.jpg

まずは単焦点のDT 50mm F1.8 SAM SAL50F18を取り付けてみる。
カチッと音がして装着完了。ぐらぐらすることもなくレンズと一体化している。
ここでもサイドのシルバーラインがワンポイントアクセントになっていていかしてる。
d0226613_11542948.jpg

続いてTAMRONの超広角レンズ、SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Model A13を付けてみる。
これは・・・。レンズでかすぎである。
横から見るとカメラの存在感がほとんどない。
d0226613_11544591.jpg

その後、手持ちのレンズを次々と装着してみた。
NEX-5で広角からズーム、マクロまで使えるようになったのだ。

マニュアルでライブビューを使ってピントを合わせるのは思ったより楽しい。
ピタッと焦点が合ったとき、非常に気持ちいいのである。
激安ながら、非常に満足感の高い製品である。

G-LINK アルファレンズ NEX-5用マウントアダプター
adapter ring
2,980円(送料300円)
[PR]
by oedohajime | 2011-05-28 11:55 | SONY