アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

タグ:HW-833XE ( 1 ) タグの人気記事

今日、紹介するのはヘッドライトである。
ヘッドライトと言っても車のヘッドライトではなく、頭に巻くヘッドライトだ。

ヘッドライトというと中学生の時に行った和歌山の鉱山を思い浮かべる。
地学の課外授業だった。先生と生徒何名かでトンネルに入り、鉱床を探して黄鉄鉱や黄銅鉱を掘り出すのだ。
乾電池式で豆電球の付いた重たいヘッドライトだった。頭にベルトを巻き付け、左手にはノミ、そして右手にハンマーを持ってトンネルの中を進んだ。
期待感で胸一杯だった。
初めて自分で掘り出した黄銅鉱は金色に鈍く輝くサイコロ状の結晶がひしめきあっていて、当時の僕にはまるで金鉱石のように見えたのだ。
d0226613_12465148.jpg

そんなヘッドライトは今や、LED製が主流である。
ヘッドライトというと思い浮かぶ「黄色のプラスチック製でいかにも現場用のもの」って感じではない。
今の僕はトンネルに入るわけではないし、夜釣りを楽しむわけではない。
中学生のあのとき以来ヘッドライトは付けたことがない。
つまりヘッドライトとは無縁の生活を送っていて、そんなものはきっとこれからも必要がないのだ。
しかし、なぜだか惹かれてしまう。
そんなヘッドライトがGENTOS HEADWARS(ジェントス ヘッドウォーズ)LEDヘッドライト HW-833XEである。
d0226613_12462650.jpg

黒とアースグリーンのコンビネーションがなんだかカッコイイのだ。
明るさは3段階。単3電池×3本で約20時間(Highモード)、約40時間(Midモード)、約80時間(Lowモード)使えるのである。
HW-833XEはGENTOSヘッドライトの最上位シリーズで明るさは125ルーメン。とにかく明るいのである。
そしてこれを作っているのはサンジェルマンという会社なのだが、あまり知られていないこの会社のLED製品ラインアップは非常にイケている。
懐中電灯も実にカッコいいのである。
d0226613_1248182.jpg

小型軽量で明るさは3段階に切り替えられる。

GENTOS
HEADWARS
LEDヘッドライト
HW-833XE
1980円

2011年2月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-05-14 12:52 | 生活雑貨