アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

タグ:THE LAUNDRESS ( 1 ) タグの人気記事

THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)は2004年にニューヨークでデビューした衣類用の洗剤ブランドである。
石油系の原料ではなく植物性原料を使用しており、自然にやさしい洗剤だ。そして洗剤だけでなく、衣類をケアするためのランドリーツール類も揃えている。
洗濯関連というとどちらかと言えば地味な分野だが、そこに焦点を当て、ファッション化、スタイル化したのが特徴である。
このように日常をスタイル化する能力は、欧米人のほうが圧倒的に高い。

洗剤、リネン、ランドリーツール、そのラインナップの世界観は日用品の枠を越えた上質さとゴージャスさが感じられる。
このブランドはLindsey WieberとGwen Whitingというふたりの女性によって作られた。
ふたりはコーネル大学でテキスタイル、アパレルデザイン、マネジメントを学んだファブリックのスペシャリストだ。
Lindseyは大学卒業後ブルックスブラザースでメンズ・レディースウェアのバイヤーを経てシャネルの全米セールスマネジャーを務めた。
一方Gwen はラルフローレンでレディースウェア・ホームコレクションのシニアデザイナーを務めた。
ブルックスとシャネルとラルフローレン。納得である。この経験がゴージャスでラグジュアリーな独特の世界観を生み出していたのだ。

さて、THE LAUNDRESSのランドリーツールの中でもひときわ存在感を放つのがウォッシングバケット、つまり洗濯用のバケツである。
d0226613_105473.jpg

白と黒。モノトーンでありながら、シャープではなく、どこかあたたかみを感じさせるのは、丸みを帯びたそのフォルムとクラシックなロゴによるところが大きい。イギリスで作られた古いホーロー製品のような、懐かしさも感じられる。洗濯用のバケツに使うのはもったいないのである。
リネン類やシャンプーなどを入れてもいいし、野菜や果物を入れてキッチンのディスプレーに使ってもいい。
ガーデン用品、カー用品、さまざまなものを入れるだけでその世界がアップグレードするのである。
d0226613_1075331.jpg

サイズはLとXLでLが7,350円、XLが8,400円である。
そのほかのお気に入りはLD アイロンボードカバー
d0226613_1061660.jpg

LD トートバッグ
d0226613_1064734.jpg

LD ショッパーバッグ
d0226613_107516.jpg

クリーニングペール
d0226613_1073135.jpg

クロスピン
d0226613_1081144.jpg

である。
いずれもモノトーンを基調として現代的な雰囲気をうまく表現しているのだ。

THE LAUNDRESS
ウォッシングバケット

[PR]
by oedohajime | 2011-06-18 10:13 | 生活雑貨