アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime
ウォークマンとiPod、両方持っている。
ウォークマンはNW-A847。iPodはiPod touch MC544J/Aである。
d0226613_12555195.jpg

音質の良さなら圧倒的にウォークマンの勝利である。
これは生い立ちの違いから当然である。コンピューターメーカーが音響メーカーにかなうはずがない。
d0226613_12555543.jpg

しかし、両者の性格は全く異なる。
ウォークマンは徹底的に音質にこだわり、機能や技術を進化させてきた。
いわば従来のプラットホームの延長線上にある進化である。
d0226613_12555455.jpg

対してiPodは単なる音楽の再生機ではない。
というより再生機能はその他のさまざまな機能の一部にしか過ぎない。
iPhone同様、様々なアプリを使え、Wi-Fiを搭載してネットワーク端末の一部となる。
iPodを通して数多くの体験ができる。
このあたりは任天堂のWiiとSONYのPS3の違いに似ている。
d0226613_1322585.jpg

僕は学生時代から音楽をやっていて、音質にも非常にこだわってきた。
ダイレクトドライブのレコードプレーヤーにMCピックアップを付け、A級アンプを通してベリリウムカッパーのスピーカーを鳴らす。
カセット式のウォークマンは何台も買い換え、DATウォークマンの音質に驚愕した。
そしてメモリー内蔵ウォークマンに行き着いたのは、必然である。
ちょっと前までのお気に入りはSonyStyleで購入したNW-A847だった。
d0226613_12555759.jpg

しかし、今ではNW-A847は自宅に置きっぱなしだ。もうずっと使っていない。
そして、今日も持っているのはiPod Touch 4Gだ。
ウォークマンは音楽しか聴けない。
iPodは音楽も聴けるポータブルコンピューターだ。
メールができる。ネットも見られる。そして数多くのアプリが使える。
土俵が全く違ってしまった。
SONYからXperiaをベースにして音質に非常にこだわったWi-Fi搭載ウォークマンが出たら、物欲心が大いに刺激されるが、今のままではだめだ。
狭い範囲で極めるのも大切だが、ライフスタイルをベースに得意を磨いてほしい。
SONY!頑張ってくれ!

2010年10月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-05-03 13:03 | SONY