アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

洗濯バサミの代わりになるumbraのクリップDPリングズを買ってみた。ホームスタジオアップグレード。

今日もホームスタジオのアップグレードネタである。
僕の撮影用スタジオには以前紹介したパイプフレームが設置してある。

パイプにはプラダンやウレタンパネルを紐の付いた洗濯バサミで止めてある。
安くてシンプルなデザインでなかなかいいのだが、白なのである。プラスチックのチープ感がどうしても気になる。
d0226613_1917585.jpg


桜木町コレットマーレにある生活雑貨のアントレスクエアに寄ってみた。
スタイリッシュなインテリアやバス用品が豊富に揃っていて好きな店だ。
ここでumbraのコーナーがあった。umbraは1979年、カナダのトロントで生まれたブランドだ。
umbraのゴミ箱はデザインだけでなく色遣いが抜群にいいので、うちでも2個使っている。LIDDIA 34 CANという大型の製品だ。しかい今は廃版になって、売っていない。
d0226613_19192198.jpg


そのumbraが出しているカーテン用の「クリップDPリングズ」はリングに金属製のクリップが付いている。リングをパイプフレームに通し、クリップにパネルを挟めば洗濯バサミを使わずにすむ。
値段は7個入りで840円である。洗濯バサミより5倍以上高いが質感が全く違うのである。こういう細かいところにもこだわりたいのだ。
d0226613_19193688.jpg


実際に取り付けてみると、濃いグレーのパイプに完璧にマッチしたのである。
ホームスタジオは機能もこだわりたいし、全体の統一感にもこだわりたい。それがまた楽しいのである。
d0226613_19195510.jpg


umbra
11/2 クリップDPリングズ

2011年1月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-04-19 19:21 | ホームスタジオ