アパレルメーカーのマーケター、大江戸一(おおえどはじめ)の物欲にまみれた日々の記録。デジタルグッズ、PCのほか、インテリアグッズ、デザイングッズなどライフスタイルをリッチにしてくれるものが登場。


by oedohajime

ポリプロピレンシートでディフューザーを作ってみた。ホームスタジオアップグレード。

僕の撮影用スタジオでは、ランプにソフトボックスをかぶせている。
ソフトボックス下部にはナイロン製のディフューザーがついている。
しかし、もう少し光を拡散して柔らかい雰囲気を出したいなと思っていた。
そこで、ダイソーとホームセンターで売っている材料を使って格安のディフューザーを作ってみることにした。

材料は、まずダイソーで売っているPPシート(ポリプロピレン)、カーテンワイヤー用クリップ、ワイヤーを切断するミニペンチ。どれも1個105円である。
d0226613_1918911.jpg

そしてホームセンターでは細い編み込み式のワイヤーとかしめを用意する。ワイヤーは量り売りしており好きな長さだけ買うことができる。
かしめはビニール袋の中にたくさん入っており、ワイヤーの太さにあったものを選ぶ。
どちらも以前買ってあったので値段は忘れてしまったが、高くはない。
d0226613_19181747.jpg

スタジオのポールユニットにクリップ付きワイヤーを4本取り付け、クリップにPPシートを挟み込めば完成である。
ワイヤーにかしめを通し、輪っかを作る。その輪っかの中にカーテンワイヤー用クリップを入れる。そしてワイヤーをもう一度かしめに通せばこのようになる。
d0226613_19192919.jpg

長さを調節してかしめをペンチでぎゅっと挟めば終わりである。
d0226613_1920536.jpg

光がPPシートで拡散されて柔らかくなるのだ。
PPシートの代わりにトレーシングペーパーを使ってもいい。
しかし、ダイソー恐るべしである。
d0226613_19201619.jpg

試しにSONYのレンズを撮ってみた。
気のせいか、いい感じに撮れているような気がするのだ。
d0226613_19214095.jpg


2011年2月アップ分
[PR]
by oedohajime | 2011-04-25 19:22 | ホームスタジオ